キッチンも簡単に綺麗に! お掃除の仕方教えます!

スポンサードリンク






毎日使う、お家のキッチン。

簡単にはお掃除していても、いつの間にか

油汚れや水垢が目立ってきていることに

気が付くことってありませんか?

ついつい手間のかかるキッチンのお掃除は、大掃除の時だけ……

なんてずぼらなことになってしまいがち。

けれど、まとめてお掃除ということになると、

なかなか汚れが落ちずに余計に

手間暇かかることになってしまうことも。

できることなら、毎日コツコツ掃除したい。

けれど、本格的な掃除は面倒……

なんて思ってしまいますよね。

そこで、簡単にできるキッチンのお掃除を

いくつかご紹介いたします。

キッチン周りの簡単なお掃除の仕方を教えて!

まずは一番よく使うシンクです。

シンクは水垢が溜まって汚れがちな場所。

水垢は、クエン酸を使うとすっきり落とすことができます。

クエン酸水をスプレーした後しばらく放置、

それからスポンジで軽くこすると綺麗になります。

それでも落ちない頑固な汚れは、

放置する時間を長めにして上からペーパータオルなどで

パックしておくと、効果があるようです。

ぴかぴかになったら、あとは普段から食器洗いのついでに

さっと洗っておくだけで、しばらくその状態を

キープできるのでおすすめです。

ついでにシンクの排水溝も

掃除してしまうといいかもしれません。

排水溝などにあるぬめぬめとした汚れは、

重曹クエン酸、あといらなくなった

歯ブラシを使えば簡単に落ちます。

排水溝のごみをとって、重曹とクエン酸をかけ、

その上にぬるま湯をかけます。

するとぶくぶく泡が出てくるので、5分ほど放置。

その後歯ブラシでこすれば、ぬめりはきれいに落ちます。

重曹とクエン酸を買わなくても、

今はいろんなキッチン用掃除アイテムがあるので、

そちらを使っても大丈夫です。

キッチンのお掃除って憂鬱… 油汚れもこれでピカピカ!

そしてキッチンの掃除で一番憂鬱なのが、油汚れです。

ガスコンロ周りの油汚れって、なぜあれほどしつこいのか……

主婦の悩みの種になっていることも

多いのではないでしょうか。

そこで今度は油汚れを落とすポイントをご紹介します。

まずは浸け置きをすること。

固くなってしまった油汚れを緩めていくのが大切です。

ぬるま湯、もしくは洗剤を溶かしたぬるま湯に

油汚れのひどいものを浸け、しばらく置いて

汚れを浮かせてみましょう。

ただこするだけより楽に汚れを落とせます。

浸け置きできない部分には、洗剤のパックがおすすめ。

油汚れの上に掃除用洗剤をスプレーし、

上からラップでパックします。

それをしばらく放置してから拭き掃除をすれば、

ただの水拭きよりきれいになります。

あとはやっぱり重曹でしょうか。

汚れのひどいところにキッチンペーパーを置き、

その上から水に溶かした重曹をかけます。

そのまま30分から1時間くらい放置して、

拭きとればすっきりです!

重曹を粉のまま直接かけ、スポンジなどで

こすって落とすという方法も。

重曹はあちこちに使えて便利なお掃除アイテムです。

きれいに磨いて、気持ちのいいキッチンでお料理を!

いくつか簡単に掃除方法をご紹介しましたが、

「これならできそう!」

「簡単に始められそう」

と思ったものはありましたか?

キッチンの掃除って本当に面倒なのですが、

ぴかぴかになるとやっぱり気持ちのいいものです。

簡単に少しずつお掃除をして、気持ちのいいキッチンで

お料理を楽しめるといいですね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク