ディズニーランドの穴場の時期とは? 空いている穴場の日ってあるの?

スポンサードリンク






ディズニーランド言えば、

「行くと必ず混んでいる」というイメージですよね。

場合によっては、1つのアトラクションにつき、

1時間以上待たされることもあります。

でも、せっかく行くのなら、

混んでいない日を狙って、

ゆっくり楽しみたいですよね。

そこで、「この日なら大丈夫」という、

ディズニーランドの穴場の時期についてお話していきます。

そして、穴場の中でも、「この日はガラガラ」という

究極の穴場の日も紹介します!

ここが狙い目! ディズニーランドの穴場の時期とは

まず、ディズニーランドに行くなら、

絶対避けたい時期というものを先にお話しします。

それは、ゴールデンウィーク・お盆休み・シルバーウィーク、

そしてクリスマスからお正月にかけての時期です。

この時期は、日本の大半の人が休暇に入る時期です。

そして、「この時期しか休めない」という人も多いですよね。

そのため、どうしても人が殺到してしまう傾向があるのです。

では、ディズニーランドはいつの時期を狙ったら良いのでしょうか。

まず1月半ば~2月いっぱいは穴場であると言われています。

この時期は、ちょうど冬休みが終わった後なので、

仕事や学校が忙しくなりますよね。

又、真冬で寒い時期なので、「あまり外出したくない」という人も増えます。

このような条件が重なっているので、

この時期は穴場と見て間違いないようです。

次に、7月の前半の時期も、穴場としてオススメです。

この時期は、小学生を含む多くの学生が試験期間に入ります。

なので、子どもたちにとっては「遊んでいる場合ではない時期」ですよね。

当然、この時期に家族でディズニーランドに行く人も減ります。

そのため、この時期も、オススメしたい穴場です。

しかも、7月の前半なら、まだ暑さもそれほどではないので、

出掛けるのも苦痛にはなりませんね。

次にオススメしたい穴場の時期は、11月いっぱいです。

11月はハロウィンも終わり、クリスマスまでの間、イベントがひと段落します。

その関係で、ディズニーランドの客足も一旦収まると言われています。

そのため、この時期も穴場だと考えて良いでしょう。

ピンポイントで狙え! ディズニーランドの究極の穴場の日とは

ディズニーランドの穴場の時期はあるものの、

「この日は絶対にガラガラ!」という究極の穴場もあります。

そのような日に行けば、思う存分アトラクションやショーを楽しめますね。

では、「究極の穴場の日」とは、いつなのでしょうか。

ディズニーランドの「究極の穴場の日」は、2つあります。

1つ目は、1月6日頃~2月いっぱい(※成人の日・バレンタインを除く)です。

この時期は、仕事や学校が始まり、学生は学校が始まってすぐに試験の時期が来ます。

それに加えて、真冬真っ盛りの時期なので、多くの人が外出したがらなくなります。

この条件が重なるため、この時期は、実際にほとんどお客さんが来ていないようです。

「1年の内、1番すいている時期」と言っても過言ではないようですよ。

なので、「寒い」ということに目をつぶれば、心置きなく楽しめますね!

2つ目は、11月1~5日くらいまでの時期です。

この時期は、少し前まで賑わっていたハロウィンが終わります。

そして、次のクリスマスの準備までの「中休み」的な時期です。

そのため、この時期も、「あり得ないくらい人が少ない時期」であるようです。

ところが、この時期を数日過ぎると、

また混み始めるので気をつけてくださいね。

更に、「究極の穴場」と呼ばれている時期に行く場合、曜日も重要です。

土日・祝日はもちろん、金曜日は混む傾向があるので避けましょう。

ディズニーランドの近くにはホテルがあるため、

「あえて休みを取って宿泊」という形で来る人も多いからです。

このことから考えると、火・水・木曜日が狙い目であるようです。

これらの曜日は週の真ん中なので、

翌日のことを考えて外出を控える人が多いからです。

まとめ

ディズニーランドの穴場の時期はいくつかありますが、

究極の穴場の日に行けば間違いありません。

究極の穴場である

「1月6日から2月いっぱい」

「11月1~5日くらい」

を狙いましょう。

又、何曜日を選んで行くかということも重要です。

金・土・日・祝日は避け、

火・水・木曜日に行くようにすることをオススメします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク