眠気覚ましに抜群の即効性!それはこの方法!

スポンサードリンク






「勉強したいのに…」

「もっとバリバリと仕事がしたいのに…」

「居眠り運転で事故を起こしてしまうかもしれない…」

「どれだけ寝ても眠い…」

この眠気のせいで何かと人生に支障をきたしている人

少なくないのではないでしょうか。

あれやこれやと色々な対処はしているものの

イマイチ、納得できる結果を得ることはできない。

このまま眠気と付き合っていかなければならないと

あきらめてはいませんか?

今回は授業中もしくは運転中に睡魔に襲われてしまったときに

有効的な眠気覚ましの方法をいくつか書きたいと思います。

眠気覚ましの方法、授業中に突然睡魔に襲われたら

まずは一人でできる身体を使った眠気覚ましの方法です。

① ツボを押す

手には中衝(ちゅうしょう)と呼ばれるツボがあって、

そこを刺激すると眠気が覚めるそうです。

他にもツボがありますから、

色々と試してみる価値はあると思いますね。

② 背伸びをする

だるくなった身体をリフレッシュさせることで

眠気が吹っ飛んでくれるかもしれません。

③ 昼寝

これは眠気に襲われる前にしておかなければなりませんが、

予防という考え方では一番効果的なのかもしれません。

④ 息を止める

単純に息を止めて眠気を苦しみでかき消す方法です。

さすがに生命の危機を感じれば眠気は吹っ飛ぶのではないでしょうか。

⑤ 深呼吸

脳に酸素が足りていないことが眠気の原因とも考えられています。

これは大きく深呼吸をすることによって、

全身に酸素を送り届け、眠気を遠ざける方法ですね。

次は人の力を借りる方法です。

① 会話をする

授業中ですし、なかなか実行は難しいと思いますが、

意外と会話をすることで眠気はなくなるそうです。

隣の席のお友達が同じように睡魔に襲われていた場合は

「一緒に戦おう!」

と声をかけやすいのですけどね。

② 質問する

先生と会話をする方法です。

隣のお友達がダメなら先生を話し相手にするしかありません。

しかし、相手が先生では適当な会話はNGですから、

そのときの授業内容にそった質問をしなくてはなりません。

ただ、そこさえ注意すれば先生に質問することで

眠気から解放されることになるのですから、

質問もできて、まさに一石二鳥ではないでしょうか。

眠気覚ましの方法、運転中に突然睡魔に襲われたら

今度は運転中に睡魔に襲われたときの対処法ですが、

一番は仮眠を取ることです。

とにかく車を止めることができる場所を探して

5分間くらい仮眠を取る。

これだけでも大きく改善されると言われています。

しかし、仮眠している時間がない…

仮眠できそうな場所がない…

そんなときは大声をだしてみてはいかがでしょうか。

基本的には大声で歌を歌えば効果的だそうですが、

上級者になってくると、

発する言葉から緊張感を生むことができるものを選ぶそうです。

たとえば誰かの名前などでしょうか。

緊張感を持たせてくれる名前と、

普段なら絶対に組み合わせない単語を

組み合わせて大声で発すれば

確かに眠気も吹っ飛びそうな気がしますね。

他にはこのような方法もあります。

ハンドルを握りつぶすくらいの力を全身に入れて

一気に全身の力を抜く。

これを数回くりかえす方法です。

ただし、力を抜くときに抜きすぎて

ハンドル操作を誤らないように注意しなくてはいけません。

さらに、飲み物を口に含む方法や

窓を全開にして風にあたる方法もあります。

せんべいやスルメイカといった固めのものを食べるというのも

脳に刺激を送ることができて効果的ですね。

最後は炭酸飲料を一気に飲み干す方法です。

これはのどの痛みに耐えなければなりませんから

あまりオススメはしませんが、

方法の一つとして覚えておいてはいかがでしょうか。

まとめ

効果の有無はあると思いますが、

睡魔と戦う方法は意外に多いようです。

ただこれらはすべて対処法ですから、

本当に眠気を無くしたいと思うのであれば

もっと根本的な部分での改善が必要となってくると思います。

たとえば…

夜更かしをしない。

十分な睡眠を取る。

寝る3時間前からは何も食べない

など…

世の中には睡魔に襲われるようなことは一切なく

日々を過ごしている方もいらっしゃいますから、

睡魔に襲われることには必ず原因があると思います。

その原因を突き止めて解消することができれば、

睡魔と戦わずして勝つことも可能かもしれませんね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク