市販の歯磨き粉には研磨剤が含まれている!一体なぜ?メリット・デメリットは??

スポンサードリンク






毎日の歯磨きに使う歯磨き粉ですが、

ほとんどの市販の物には研磨剤が含まれています。

何気なく使っていますが、

研磨剤って一体どんなものなんでしょうか?

分からないままだとちょっと不安に思うこともありますよね。

自分の為にも、お子さんの為にも知っておくと安心かもしれません。

そこで、歯磨き粉に使われている研磨剤について調べてみました!

意外と大切な歯磨き粉選び。研磨剤なしの商品はどうなの?

歯磨き粉を選ぶ時に、どんな風に選んでいますか?

今は、たくさんの種類の物がありますよね。

虫歯予防、口臭予防、歯ぐきの健康の為のものなどさまざまです。

ほとんどの市販の歯磨き粉には研磨剤が含まれています。

歯磨き粉に使われている研磨剤には、

歯の表面に着いている歯石や着色汚れを落とす働きがあります。

研磨剤と表示されていなくても、

清掃材と書かれているものも同じ成分が入っています。

歯の表面の汚れや歯を白くしたい人には

研磨剤が入った歯磨き粉を選ぶと良いです。

では、研磨剤なしの物はどのような人に向いているのでしょうか?

研磨剤が使われてない歯磨き粉は、

知覚過敏や歯周病が気になる人に向いています。

知覚過敏の人は、歯に刺激があると痛みを感じてしまう事があるので、

研磨剤で歯の表面がこすられると刺激になってしまうかもしれません。

歯茎の刺激を少なくしたい歯周病の人にも研磨剤なしのものが良いでしょう。

また、赤ちゃんや小さいお子さんのように

歯や歯茎を刺激したくない場合も研磨剤が入っていないものが売られています。

歯磨き粉の研磨剤はこんな成分でできている!見分け方・選び方

一般的な歯磨き粉の研磨剤はどんなもので出来ているのでしょうか。

市販のものには、研磨剤として

無水ケイ酸、重質炭酸カルシウム、リン酸水素カルシウム、

リン酸水素ナトリウム、炭酸カルシウムなどといった成分が含まれています。

成分の表示を見て、これらの名前があれば研磨剤入りの歯磨き粉です。

これらの成分が歯の表面の汚れをスムーズに落としてくれます。

しかし、研磨剤で毎日磨いているからと言って、

歯が白くなる事はないそうです。

汚れを落として、本来の色に戻すことは出来るようですが、

それ以上に白くするには歯医者さんでホワイトニングをする必要があります。

また、研磨剤で磨きすぎと歯の表面に小さな傷が出来てしまい、

そこに汚れがついてしまう事もあります。

歯の表面の汚れを落とすのには効果的ですが、毎日使うのはおすすめできません。

研磨剤の入っていないものと合わせて使うのも効果的です。

歯の状態に合わせて自分に合う歯磨き粉を選ぼう!

たくさんあって選ぶのに迷ってしまいそうな歯磨き粉ですが、

自分のお口の状態に合わせて合った物を選べるといいですね。

研磨剤入りと研磨剤なしでは、それぞれにメリット・デメリットがあります。

毎日の歯磨きで健康な歯と歯茎を手にいれましょう!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク