洗濯しても物干しができない!室内で乾かすには?

スポンサードリンク






「せっかくキレイに洗濯したのに洗濯物が干せない!」

なんてことはありませんか?

中には

「え!?どうして!?干せばいいだけじゃないの!?」

と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

洗濯物を干すことができない・・・

考えられる理由としては

・・・雨、黄砂、PM2.5、花粉、排気ガス・・・

などによって洗濯物が汚れてしまうことを懸念している。

こういうことが挙げられるかもしれませんね。

いえ、そもそも干す場所がない!

そんなパターンもあるかもれません。

例えば・・・

ベランダはあるのだけれど、隣の家のベランダとの距離が近すぎて・・・

ご近所さんのことが気になる・・・

目の前が道路で、行き交う人たちの視線が・・・

など、環境によって様々な干せない理由が存在します。

「え!?じゃあ、どうするの!?干さないの!?」

まさか・・・

いくら洗濯してキレイになっているからといって、

干さずにクローゼットの中へ運ぶのは酷な話です。

生乾きの衣類が発するにおいは自分だけでなく、

周囲の人たちにも迷惑をかけてしまう可能性がありますし・・・

そこで!

外に干すことができないなら、室内でどうにかするしかない!

発想の転換ですね。

では、これから室内で洗濯物を乾かす方法をみていきましょう。

洗濯した後、物干しが屋外でできないときは?

燦々とした太陽の下で洗濯物を干したい。

でも、事情があって外に干すことはできない・・・

だからと言って干さずにいるわけにもいかない。

洗濯物を乾かしたい・・・

そんなとき!

切なる願いを手っ取り早く叶えてくれる

心強い味方になってくるのが・・・

乾燥機です。

雨、黄砂、PM2.5、花粉、排気ガス・・・

関係ありません。

ベランダがなくても大丈夫。

乾燥ボタンを押すだけで、

文句ひとつ言わずに

従順に仕事をこなしてくれます。

とても便利ではあるのですが・・・

「でも・・・乾燥機を購入しなくちゃいけないでしょ?」

乾燥機のお話はここまでにしておきましょう。

せっかくキレイになった洗濯物を外で干すことができない。

さらに乾燥機がない

こうなったとき、どうすればいいか。

そんなときは頼れる先人たちの知恵を借りてみましょう。

おばあちゃんに聞いたことがあります。

洗濯物を屋内で干すときに注意するべき点です。

まず、湿度が低くて、ジメジメしていないか、

そして、ある程度の温度があるか。

最後は風とおしがあるかどうかです。

この3つがそろっている場所があるのでしたら、

そこに干してみることをお勧めします。

干すときのコツとしては、

洗濯物の間隔をあけることと、

できれば太めのハンガーを使用することですね。

この2点を守ると風とおしがよくなり乾きやすくなるということです。

ズボン類は裏返して、ピンチハンガーを使い

フードがついているものは逆さまにして干せば乾きやすいそうですよ。

あと、室内干しはにおいが気になるところですが、

一度、くしゃくしゃとした新聞紙を洗濯物のしたに敷くと

においを取ってくれて、余分な湿気まで吸ってくれるそうです。

さらに若干ですが、乾きも早くなるそうですよ。

いかがでしょうか。

一度、試してみる価値はあると思いませんか?

洗濯した後、屋内にも物干しの場所が見つからないときは?

洗濯物を外に干すことができない。

ならば、屋内で洗濯物を干すしかない。

だけど、干す場所がない

そんなときはどうすればいいか。

一番の解決方法は乾燥機の購入だと思いますが、

それが難しい場合は、お風呂場を使うしかありませんね。

お風呂場の窓をあけて扇風機で風を送りながら乾かす作戦です。

コツは先にも書いたとおりですので、

是非、参考にしてみてください。

それから・・・

これは緊急時の対応となりますが、

「このシャツだけはすぐに乾かさなければならない!」

このような状況下におかれた場合は・・・

ドライヤーを使用しましょう。

用意するのはすぐに乾かしたい洗濯物と、ドライヤー、

そして、ビニール袋です。

乾かし方についてですが、

まず、ビニール袋の角をハサミで切ってください。

これは蒸気を逃がすためです。

そして、そのビニール袋の中に洗濯物を入れます。

あとはドライヤーで温かい風を送り込めば、

洗濯物にもよりますが、だいたい10分ほどで乾かすことができるそうです。

最後に・・・

これは最終手段ではありますが・・・

外に干すことができない。

屋内にも干す場所がない。

お風呂場も難しい。

ドライヤー作戦もちょっと・・・

先人の知恵は素晴らしいとは思うけれども・・・

そうなった場合は・・・

コインランドリーに足を運ぶしかないかもしれませんね。

まとめ

これまでに書いた干せない理由のほかにも

もっともっとたくさんの理由があるかもしれません。

たかが洗濯、されど洗濯・・・ですね。

ただ、洗濯をする目的を究極まで掘り下げると、

「衣類をキレイにするため」

ここに着地すると思います。

ならば、すべてを解決に導いてくれるのは・・・

やはり!

〝乾燥機付きの洗濯機〟

これではないでしょうか。

洗濯物は洗濯機でキレイにできたとしても、

〝乾かす〟という部分でストレスを感じ、

自分の心を汚していては、

どこか間違っているような気がします。

〝乾燥機付きの洗濯機〟を選択し、

〝乾かす〟というストレスから

解放されてみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク