メガネが落ちる、、、調整で防止できるものなの?

スポンサードリンク






視力が落ちてしまった方や歳を取って老眼になったしまった方は、

メガネをする機会があるかと思います。

メガネを購入した当初は、

メガネがずり落ちてくるということはないですよね。

しばらく使っていて、

気づいたらずり落ちてくるようになっていた。

うっかり踏んでしまった時に歪んでしまって、

ずり落ちてくるようになってしまったという方もいるのではないでしょうか。

 メガネがずり落ちてくるようになると、

気になって仕方がないですよね。

仕事中や料理中など、

何回もずり落ちてくるメガネを手であげていては効率が悪くなってしまいます。

メガネを調整して、

ずり落ちてこないようにしましょう!

メガネが落ちるのを防止するには?

仕事中や料理中など、

手が離せない時にメガネがずり落ちてくるのって嫌ですよね。

何回も手であげては、ずり落ちてくるとイラっとしてしまうものです。

防止できるものならしたいと思いますよね。

メガネがずり落ちてくる原因がいくつかあります。

ずり落ちてくる原因を知って対策を取りましょう!

1.鼻あてが合っていない

2.テンプルが長い

3.テンプルの幅が広い

4.うっかり踏んでしまって蝶番が壊れてしまった

いくつか当てはまったのではないでしょうか。

鼻あてがプラスチックだとずり落ちやすくなります。

鼻パッドを購入して、ブリッジに取り付けるだけで止まってくれるので、

ずり落ちを防止できますよ。

よくやりがちなのが、休憩を取る時や寝る時にメガネをはずしますよね。

メガネを置いていたのを忘れてしまって、

うっかり踏んでしなった経験はありませんか。

その時に蝶番がダメになってしまい、緩くなってしまうことがあります。

うっかり踏んでしまわないように気をつけましょう。

メガネが落ちるのは調整だけで解決できる?

メガネがずり落ちる原因が分かったけど、

自分で調整できるのか気になりますよね。

自分で調整できるものならしたいと思いますよね。

メガネがずり落ちないように、

自分で調整することができますよ!

鼻あてがプラスチックの場合は、

シリコンの鼻あてを購入して自分で取りつけて調整することができます。

値段も 500~1,000円程度で、インターネットなどで購入することができますよ。

テンプルが長い場合は、

鼻パッド若しくは耳パッドを自分で取りつけて調整することができます。

鼻パッドを付けて前に持ってくる方法か

耳パッドで後ろに持ってくるかになります。

テンプルが広い場合は、

自分で調整することができないので

メガネ屋で調整してもらうことになります。

メガネを購入する際に、

かけて不具合がないかしっかりと確かめましょう。

その時にずり落ちてくるのであれば、メガネ屋で調整してくれます。

まとめ

仕事中や料理中にメガネを手で押し上げるのは、煩わしいですよね。

そんな煩わしさから解放されるためにも、

メガネを購入する際にはずり落ちてこないかなどしっかりと確認しましょう。

またメガネを雑に扱わないように気を付けるだけで、

ずり落ちてくるのを予防することができますよ。

自分でずり落ちてこないように調整する事もできます。

自分に合うように調整するだけで、煩わしさもなくまりますよ!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク