汚部屋を片付けたい!でも片付けられない!どうしたらいいの?

スポンサードリンク






いざ部屋の掃除をしたいと思っても、

なかなか取りかかることができないですよね。

平日は仕事で忙しくて帰ってきてから掃除する気になれないですし、

かといって休日はゴロゴロしたり遊びに出かけてしまって

掃除する気にならないですよね…。

いつまでも掃除しないわけにはいきませんよ!

そのままでは部屋がどんどん汚れていってしまい、

汚部屋になってしまいます。

誰かが突然訪ねてきたらどうしていますか?

慌てて片付けてもどこかでボロがでてしまいますよ。

片付けられないと諦めないで、少しずつ掃除していきましょう!

汚部屋から脱出する道はある

部屋が汚いとどこから手をつけていいか分からないですよね。

机や家具が見えないほど物で埋め尽くされている。

ベッドのまわりには服を選ぶために、

あれこれと出しっぱなしにしてそのままになっている。

洗濯物を畳まずに干しっぱなしにしているなんてことはありませんか。

汚部屋から脱出するための方法があります!

汚部屋になってしまう人は、

片付けてもまた部屋が汚くなってしまうのだから、

片付けなくてもいいと思ってしまっているのが原因なのです。

いつか使うかもしれないと思って購入しても、

結局は使わずにそのままになってしまうのです。

その他にもストレスが溜まって衝動買いをしてしまい、

どんどん物が溜まっていってしまうのも原因の一つです。

まずは不要な物は、購入しないようにしましょう。

汚部屋を掃除するための第一歩とは?

汚部屋を掃除するための第一歩として、物への執着を捨てましょう!

汚部屋を掃除するためには、物を捨てることから始まりますよね。

ですが、物への執着があるとなかなか捨てることができません。

いきなり物を捨てることができないと思いますので、

まずは今必要な物と必要でない物、迷ってしまう物と分けましょう。

今必要な物と必要でない物、迷ってしまう物の3つに分けることができたら、

次は必要でない物を自治体のゴミ区分ごとに仕分けをして捨てましょう。

この時に迷ってはいけません。

思い切って捨てることが重要です。

必要な物か迷ってしまった物は、なぜ迷ってしまったのか考えてみましょう。

考えることによって問題が見えてきます。

既にある物を忘れて買ってしまったのか、

衝動買いをしてしまったのかなどの問題が見えてくることで

対策が立てることができますよね。

汚部屋を掃除するための第一歩を踏み出しましょう。

まとめ

汚部屋は、悪臭の原因になり近隣住民に迷惑をかけるだけでなく、

健康被害の原因にもなります。

そうならないためにも、必要な物以外は買わないようにする、

後で片付ければいいと思わずに使った物はその都度片付けるようにしましょう。

片付けることで、部屋もキレイになりすっきりとした気分になれますよ!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク