夢の国で働きたい!あなたも憧れのディズニーキャストに!!

スポンサードリンク






夢の国、ディズニーランドで働いてみたい、と思っている若い方いらっしゃいますよね。

ディズニーランドで働いているスタッフはディズニーキャストと呼ばれています。

ではディズニーキャストになるには、どうすればいいのでしょうか?

ディズニーキャストになるのに、年齢制限はないそうです。

高校生からでもなることができるし、年を取ってからでもディズニーキャストになれます。

まずディズニーキャストになるには、

挨拶ができるか、チームワークをとれるか、シフトに入れるかだそうです。

ディズニーキャストの倍率ってどれくらい?

ディズニーキャストになるのに、倍率が気になりますよね。

なんと、ディズニーキャストになるのに、ほとんどの人が受かるそうです。

今、約18000人のキャストが働いていますが、

年間、9000人ほどの退職者が出るため、大量に採用している時もあるのだとか・・・

ただ、希望する場所で働けるかが難しいようです。

一番の人気は、やはり、アトラクションキャストです。

ゲストと間近で触れ合うことができるし、コスチュームも可愛いですからね。

中でも、ホーンテッドマンションのコスチュームの上品さから人気が高いのと、

ジャングルクルーズのセリフを長々としゃべる船長も人気が高く、

何度も面接を受けないと通らないという難しさです。

二番目に人気なのが、掃除キャストですね。

パーク内を自由に動くことができるのが人気らしいです。

中には、絵を描いてくれる掃除キャストもいますから、

絵が上手な人はなりやすいかもしれませんね。

ディズニーキャストの面接内容や服装は?合格できるコツってあるの?

いざ、面接となった時に、どのような点に注意したらいいのか?

面接時の服装については、そんなに厳しくないようですが、

入社以降に服装規定を守れるかどうかということが大切なので、

あまり面接にふさわしくない服装は避けたほうがよさそうです。

清潔感のある服装を選びましょう。

髪の色を染めたりせず、女性はナチュラルメイクで、

ネイルも派手なものは避けたほうがいいですね。

第一印象が大切ですので、やはり、

ディズニーキャストとしてふさわしくないような恰好はせずに、

清潔感のある自然体の服装がよさそうです。

あと面接のコツとして、笑顔を忘れず、目を見て話すことです。

ディズニーキャストになるのに笑顔は必須ですからね。

あとは、どれだけディズニーキャストになりたいかを強くアピールできれば大丈夫です。

自信をもって笑顔で受けましょう。

まとめ

どうでしたか?

憧れの夢の国で働くディズニーキャストになるのに、そんなに難しくはないようです。

大好きな場所で働くのも一度経験したいという方は、

ぜひ、笑顔を忘れずに面接に挑んでみてください。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク