世界が注目した哲学の木。これまでの経緯と現在を調べてみた

スポンサードリンク






2016年2月24日北海道美瑛町の哲学の木は伐採されました。

数多くの写真家によって撮影されているので、

哲学の木を写真で見たことのある人は多いはずです。

なぜ伐採されるに至ったのでしょうか?

何があったの?哲学の木が撮影禁止?

哲学の木はポプラです。

大きな畑の斜面に大きなポプラの木が

一本だけ斜面と逆行する角度で生えていました。

その絶妙な角度が、思索する人間の姿を連想させるということで

哲学の木と呼ばれていました。

1976年9月に制作されたケンとメリーのスカイラインという

日産自動車のCMの第15作にも写っていました。

その後もタバコのパッケージに使われたりしましたので、

写真としての認知度は高かったようです。

しかし、それがどこにある木なのかを知る人は少なかったようです。

その木の場所が公開されると、

実際に見てみたいという観光客が増加しました。

その一本のポプラの木は畑の中にありました。

その畑は私有地でしたから、土地所有者の人は違反をして

畑の中に浸入する観光客が畑を荒らすことに怒っていました。

近くに来て撮影しようとする人への警告として

バツ印を木に書いたそうです。

近くから撮影するとその印が写真に写ってしまうからです。

伐採された原因は、観光客の畑への不法浸入の問題とも言われますが、次の二つの理由からです。

木の寿命でいつ倒れるかわからない

倒れたら農作物に被害がでてしまう

ただ、木が弱ってしまったのは

観光客が不法に私有地の畑に浸入して気に近づくことによって、

環境を壊してしまったからだとも言われています。

哲学の木があった場所の現在は?観光客は減った?

哲学の木があった場所に、その木はありません。

切り倒された後の畑の写真もインターネットには掲載されていません。その一本のポプラの木を目当てに来る観光客はいなくなりました。

木がないのですから当然のことです。

でも、北海道を訪れる観光客は減っていません。

リゾート地が北海道にはたくさんあるからです。

まとめ

もともと観光客目当てで植えられた木ではないのです。

哲学の木と呼んで観光地化してしまったことで、

マナーの悪い観光客の増加を招き、

一本のポプラを倒してしまったのでしょう。

写真はフェアな方法で撮影しなければなりません。

現在スマートフォンなどで簡単に高解像度の写真が撮れますが、

写真を撮るために私有地に勝手に立ち入ることは

絶対にあってはなりません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク