プロポーズでまさかの失敗?いやコレまじでキツイっすわ…

スポンサードリンク






「結婚しよう!」

彼女へのプロポーズをどうしようかと考えているあなた。

一生に一度のプロポーズは、結婚後も10年、20年と記憶に残るものです。

それだけに失敗は許されまいと、

一歩踏み出す勇気が出ないという方もいらっしゃいますよね。

プロポーズで失敗するとは、実際どのようなことなのかご存知ですか?

それは、「理想のギャップ」から生まれるものなのです。

男性がプロポーズを決心してから実行するまで、

一般的に3か月から長くても1年ほどと言われています。

しかし、女性は幼いころから現在に至るまで、

ドラマチックなシチュエーションやセリフに憧れてきた経緯があります。

そのギャップを埋めるためにも、綿密に計画を立てていきましょう。

無難かも?プロポーズのサプライズはなしっていうのもアリだと思うよ。

「彼女を喜ばせたい!」

「最高の思い出にしたい!」

彼女を想うあまり、サプライズをして喜ばせなければ!

という固定観念に縛られていないでしょうか。

サプライズで失敗しがちな例を見ていきましょう。

シチュエーション

初デートの思い出のテーマパークで、夕日を見ながらプロポーズ……。

しかしタイミング悪く、閉演を知らせるアナウンスと

寂し気なBGMが流れてくる、なんてことも。

指輪が入らない!

勇気を出してジュエリーショップへひとりで赴き、エンゲージリングを購入!

サイズが分からず、ひとまず一般的なサイズのものにしたけれど……。

いざ彼女の指に指輪をはめようとして、入らない!なんてこともあり得ます。

悪天候

夜景の見えるおしゃれなレストランを予約し、

プロポーズしようと計画したものの、当日はあいにくの土砂降り!

せっかくの夜景もよく見えないままプロポーズ……は残念ですよね。

女性の理想として、

「ロマンティックな夜景を見ながらプロポーズされたい」

「おしゃれなレストランで指輪を渡されたい」

というのもあります。

と同時に、

「二人きりの落ち着いた場所で」

「場所やモノではなく気持ちが大切だと思う」

と考える女性も実際にはいるのです。

張り切りすぎたプロポーズよりも、

思い出の場所で心のこもったプロポーズも素敵だと思いませんか?

プロポーズの思い出が、結婚後も大切な記憶として残ることが

お二人にとっての「成功」と言えるのではないでしょうか?

プロポーズのサプライズはとりあえずプレゼントだけしっかりしておけ

心がこもってさえいればそれでいいという反面、

やはり記念となるプレゼントだけは用意しておきたいですよね。

定番は婚約指輪

プロポーズのプレゼントといえば、やはり婚約指輪でしょう。

「でもサイズが分からない」

「彼女の好みに合うかどうか心配」

という男性が多いのも事実です。

最近では、プロポーズ用リングというものがあります。

ダイヤモンドを選び、専用リングにセットし、プロポーズする。

彼女が受け取ったあと、デザインやサイズを決めるという仕組みです。

これなら、

「指輪が入らない!」

「デザインが好みじゃない……」

なんて失敗もなく、安心ですよね。

指輪以外のものでも

プロポーズには婚約指輪、ではなくてもよいのです。

「指輪は彼女とじっくり選びたい」

「彼女の好きなものを贈りたい」

彼女のことを想う方には、こんな意見もありそうですね。

具体的には、花束や指輪以外のジュエリーなどが挙げられます。

お花が好きな彼女でしたら、長く飾って楽しめる、

プリザーブドフラワーのアレンジメントも喜ばれそうですね。

おわりに

いかがでしょうか?

プロポーズにおいて大切なのはサプライズではなく、

あなたの真剣な気持ちを伝えることだと思えてきたのではないでしょうか。

心をこめて、記憶に残るプロポーズにしてくださいね。

彼女が喜ぶプレゼントもお忘れなく!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク