ここがポイント!子育て中の子どもの叱り方!

スポンサードリンク






みなさんこんにちは!

最近、私の友達に子どもが出来ました。

おめでたいことですが、友達は初めての経験なので

いろいろと不安があるみたいです。

特にしつけや叱り方は間違えたくないですよね。

そこで、まず「子どもの上手な叱り方」

をご紹介したいと思います。

いちばん大切なのは、「理屈」ではなく、

「感情」を刺激することです。

子どもと同じ目線で叱る、愛情をもって叱る、

人格否定はしないなど、子どもがただ

反発するような叱り方をするのではなく、

反省するような叱り方を心がけましょう。

そして、これも重要ですが叱ってばかりではなく、

良いことをしたり、嬉しいことがあったりしたら共有し、

たくさん褒めてあげましょう。

そういうメリハリが大切ですね。

子育てってほんと疲れる。そしてイライラ・・・もうどうしたらいいの?

0歳~3歳の未就学のお子さんがいる女性は、

子どもの世話で何かと大忙しですよね。

しかも、休む暇もなくて次第にイライラしてしまいます。

そのイライラする本当の理由は、おそらく

「当たり前のことが当たり前にできない」

というところにあるのではないでしょうか?

子どもが出来る前までは当たり前に出来ていた家事や

お友達とのおでかけ、休日をのんびり旦那さんと過ごす・・・

など当たり前だと思っていたことが

子どもが出来ることで、一日のほとんどが

赤ちゃんに付きっきりになってしまいます。

そうすると「時間がない」「たまには○○したいのに出来ない!」

などストレスになってきますよね。

でも子どもは日々成長します。

成長すれば悩みの種は変わってくるかもしれませんが、

親のイライラは子どもに伝わってしまうものです。

まずは自分のことを大切にしましょう。

そうすれば子どもも大切にされていると感じ、

スクスク育ちますよ。

子育て中のストレス発散方法は?

それでは、みなさんが一番知りたいところである、

子育て中のストレス発散方法をご紹介します!

①子どもを預けて外出する

預けられる時間にもよりますが、

食事や買い物、映画を観るなど

子どもと少し離れて自分の時間を作るのは

一番いいストレス発散ですね。

②子どもと楽しめる施設へ行く

預けることが難しい場合は、お子さんを連れて

楽しく遊べる施設や公園に行くのもいいかもしれません。

「子どもがいたら意味ないじゃん!」と思うかもしれませんが、

晴れた日に外の空気を吸うだけで、気分転換になりますよ。

③とにかくしゃべる

お友達や家族に近況報告をしたり、

子育ての悩みなどを相談したりするのもいいでしょう。

いろいろ話していく中で、ストレス発散になったり

子育てのいいアドバイスをもらえたりして、

一石二鳥かもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

小さいお子さんがいる女性は、

子育てだけでも大変だと思います。

もちろん子育ても大事ですが、たまにはストレス発散をして

上手に自分をコントロールしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク