ワンオペ育児が甘え!?そんな暴言を吐く夫に聞かせてやりたいこと

スポンサードリンク






ブラック企業である「飲食店などの営業をひとりで回すこと」を

ワンオペレーションとネットで言われるようになり、

そこから派生して、一人で家事や育児をこなすことを

ワンオペ育児と言うようになりました。

旦那さんが単身赴任中だったり、

勤務時間が長く帰宅が遅かったり、

仕方がないと言える事情の方もいれば、

家にいる時間は普通にあるのに手伝う気のない旦那さんなど、

いろいろな理由があってお母さん一人で家事も育児も

家のことすべてをこなしているという家庭が増えてきています。

専業主婦ですら大変なのに、さらにお仕事をしながら

ワンオペ育児をしているお母さんもいます。

けれどそれが当然のように思っていて、

「俺が外で働いているんだから、

家事と育児は妻がやって当たり前」とか

「俺の母親は全部ひとりでやっていた、

親父は手伝ってなかった」なんていって

ワンオペ育児がつらいと言うことを

「甘え」だという旦那さんがいるそう。

外で働いているお父さんと、兼業主婦で育児をしているお母さん、

どちらが大変かと比べるのは難しいでしょう。

もちろん家族のために働いているお父さんも大変ですし、

その分家庭のことを頑張っているお母さんも大変です。

まずそこを比べるのが間違い。

どっちも大変だから頑張ろうと言ってもらえたほうが、

お母さんだってまだ頑張れます。

俺の母親は全部やっていた?

今と昔は時代が違います。

便利になった反面、大変になった部分も時代背景も違います。

自分の母親と奥さんを比べるなんて、どちらにも失礼です。

なぜ、「ワンオペ育児がつらいなんて甘えだ」という男性は

そういうところがわからないんでしょうか

実際に「家事も育児も大変だ」という奥さんの言葉を聞いて、

体験してみた男性がいるそうです。

やってみて実際に大変だったから、

それ以降は家事が完璧でなくても

優しくしてあげられるようになったそう。

甘えだ、なんていう旦那さんには

この男性の体験をぜひ聞かせてあげたいですね。

ワンオペ育児の共働きで離婚に至る悲惨なケースとは

旦那さんが、お母さんたちの大変さを体験して

気遣ってくれるのはとてもいいケースです。

本来なら育児はお父さんとお母さん二人で行うもの。

お仕事が忙しくても、できる範囲で手伝ってくれれば

お母さんたちもきっと文句はいいません。

共に育児を頑張ることで、仲が深まることもあるでしょう。

けれど、実はその逆のパターンもあるのです。

共働きでワンオペ育児、さらに離婚してシングルになっては

より大変だろうと思われそうですが、

「こんなことなら離婚したほうがましだ!」

と思われる男性もいるのです。

そんな男性の特徴は、奥さんへの気遣いがないこと。

特に無神経な人が、離婚を選ばれているようです。

先ほどもあげた「俺のほうが仕事が大変だ」とか

「俺の母親は全部やっていた」とか

奥さんを気遣う言葉より先に、自分のことを主張したり

他の人と比べたりする人。

これでは毎日育児に疲れていて心に余裕のない

お母さんたちは、イラっとしてしまいます。

そしてこれに加えて、自分のことを自分でしない旦那さん。

これも離婚の原因のひとつになっています。

ワンオペ育児で大変なうえに、

旦那さんのお世話までしなくてはいけない。

食事の準備にお風呂の用意、朝起こしてあげてお弁当を作ったり、

ひどい人は自分の着替えの準備までさせる人がいるそう。

これでは子どもがもう一人増えたのと同じです。

それなら離婚して、一人分だけでも

お世話する内容を減らそうと考える

お母さんがいても不思議ではありませんね。

育児を手伝えないのならせめて気遣いをしてほしい。

子どもの世話は苦手でも、自分のことくらいはしてほしい。

それすらできない旦那さんは、奥さんから

愛想をつかされてしまうようです。

ワンオペ育児にさせる夫のあきれた特徴とは

そもそもワンオペ育児をさせる旦那さんとはどんな人でしょうか。

いろいろ体験談などを見てみると、特徴が出てきます。

実家に住んでいた時に自分のことを

大人になっても母親にしてもらっていた

・子どもが生まれる前から「休日はごろ寝」

・脱いだものは脱ぎ散らかしている

・普段から奥さんの話を聞かず自分のことばかり話す

ありがとうの言葉が少ない

今あげた特徴は一部ですが、ワンオペ育児をしている奥さんは

思い当たるふしがあるのではないでしょうか。

こういう旦那さんは、昔ながらの「育児は母親だけがやればいい」

「夫のことは妻が世話する」という感覚が強く、

育児に関わるという考えがそもそもないようです。

自分も父親になったのだったら、せめて

自分のことくらい自分でしてほしいですよね。

まとめ

今回はワンオペ育児にさせる

旦那さんについていろいろ考えてみました。

お家の旦那さんは当てはまったでしょうか。

お仕事が忙しくて手伝えないというのなら、

せめて「ありがとう」の一言でもほしいですよね。

ワンオペ育児はとても大変で、つらいと

言うのは甘えなんかではありません。

どうしてもつらいときはつらいと愚痴るのも、ストレス発散にはいい方法です。

我慢せず、相談できる相手がいる方は、甘えてみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク