赤ちゃんのお風呂の入れ方や、注意することについて教えます!

スポンサードリンク






赤ちゃんが生まれてから、毎日使うことになるのがベビーバス。

大体1ヶ月検診を終えるころから、普通のお風呂でもいい

と言われることが多いので、そこでベビーバスを卒業。

パパやママと一緒に普通のお風呂にとなります。

けれど生まれたてでふにゃふにゃした赤ちゃんを

お風呂に入れるのはドキドキしますよね。

そこでそんな赤ちゃんのお風呂の入れ方や、注意することについて

お教えしていきたいと思います。

赤ちゃんをお風呂に入れる時の適切な温度は?

まず大事なのがお風呂の温度です。

大人で気持ちがいいと感じる温度と、

赤ちゃんに合う温度が同じとは限りません。

赤ちゃんを入れるお風呂の目安は、

夏場なら38~39度、冬場なら40~41度くらいがちょうどいいとされています。

温度設定ができないお風呂でも、最近では簡単な湯温計などもありますので

そういったものを使って計ってあげるのが安心ですね。

あんまり温度が高すぎると乾燥してお肌のトラブルの原因になってしまったり、

のぼせてしまったりするので注意してあげてください。

ばっちりの温度設定をしてあげて、浸かっている時間も

大人より長くなりすぎないように気を付けてあげましょう。

赤ちゃんがお風呂上がりに湿疹! 対処法は?

お風呂でさっぱりして、服を着せてあげようと思ったら赤ちゃんに湿疹が……

なんてことがあると、どうしたのかと驚いてしまいますよね。

焦ってしまう方も、多いのではないでしょうか。

けれどこのお風呂上がりの湿疹、大体はよくあるものなので

安心して大丈夫なことが多いのです。

原因は、血行が良くなったこと

温まって血行が良くなると、普段目立たないような

小さな湿疹も目立つようになってしまうのです。

特に冬場なんかは乾燥で、デリケートな赤ちゃんの肌に湿疹ができていることがあります。

普段は目立たないようなものでも、お風呂に入って一気に目立ってしまう、

ということがあるのです。

あとは寒冷蕁麻疹というものがあります。

お風呂上がりの急な温度差によるもので、こちらはかゆみがあります。

湿疹のふくらみが目立ち、赤ちゃんがかゆがってぐずることもしばしば。

あまりにも続いてひどいようでしたら、

皮膚科に相談してみるのをおすすめします。

赤ちゃんのお肌はとにかくデリケート!

大人は気にならないお風呂上りも、

赤ちゃんのお肌にとっては大きな変化が出ることもあります

とにかくデリケートな赤ちゃんのお肌を守るには、

普段からしっかり様子を見てあげることと、毎日のケアが大切です。

お肌を守るケア用品も、今は赤ちゃん専用のものが多くあります。

そういったものを活用して、普段から気を付けてあげてください。

お風呂上りに湿疹が出た場合は、まずは落ち着いて、

赤ちゃんの様子を見てあげてくださいね。

意外とお肌の熱が冷めると、湿疹は引っ込んでしまうこともあります。

心配事を減らして、お風呂の時間が楽しくなるといいですね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク