チャイルドシートに新生児を乗せるときに注意!間違えると致死率が急上昇!?

スポンサードリンク







車で赤ちゃんとのお出かけで必要なものはご存知ですよね。

そうです。チャイルドシートが必要なんです。

6歳未満の乳幼児は、車に乗る際、チャイルドシートに乗せる義務があります。

道路交通法違反にもあたりますし、事故を防ぐ点でも必要不可欠なものがチャイルドシートなんです。

ただチャイルドシートに乗せていれば安全というわけではなく、きちんとした使い方をしないと事故の原因になってしまうので、気を付けて取り付けましょう。

間違った使い方をすると、致死率も高くなり、チャイルドシートを使っていないよりも危険なものになってしまいかねません。

赤ちゃんが安心して、車に乗れるように、正しいチャイルドシートの使い方を覚えてくださいね。

チャイルドシートへの新生児の正しい乗せ方とは。首に注意。


まずは、チャイルドシートを正しく取り付けましょう。

チャイルドシートはかっちり付けてグラグラしないようにしておきましょう。

車のシートとチャイルドシートの背もたれがぴったりとくっつくようにしてシートベルトを通していくと取り付けが完了です。

さあ、赤ちゃんをのせましょう。

笑顔でゆっくりとのせてあげましょうね。

チャイルドシートの肩や腰ベルトが適度に固定されるように付けると安心です。

安全だからと言って、締めすぎはかえって危険です。

赤ちゃんも苦しいですし、機嫌を損ねること間違いなしです。

チャイルドシートのベルトが子供の首に触れないようにしておきましょう。

チャイルドシートに乗せたとたん、泣いたりすることはないですか?

家族で出かけるときは、なるべくお母さんが横に乗ってあげると赤ちゃんも安心できます。

おもちゃをつるしてあげるとか、おもちゃを持たせるなどして、なるべくぐずりを防ぐようにしましょうね。

できるだけ、長時間の運転は避けたほうがよさそうです。

長時間の運転の際は、適度に休憩をとり、水分補給もしてあげてくださいね。

車の運転で揺られて気持ちよくなり、寝てしまうことが多々あります。

毛布も忘れずに持っていきましょう。

新生児をチャイルドシートに乗せるときのおすすめの向き。後ろ向き、横向き、前向き?


新生児の場合、チャイルドシートは後ろ向き、横向き、前向きどの向きにつけるのが正しいのかご存知ですか?

出産経験がない人は、進行方向に向かって取り付ける前向きだと勘違いしている人が多いでしょう。

新生児の場合は、チャイルドシートを後ろ向きに取り付けてください。

事故の衝撃を最小限に抑えるために、チャイルドシートは後ろ向きに取り付けます。

9か月ごろまで、チャイルドシートを後ろ向きに設置し、それ以降は、前向きに変えましょう。

背もたれの角度を45度ぐらいに傾けると安心です。

あと、チャイルドシートは、助手席に取り付けないようにしましょう。

なぜなら、助手席にはエアバッグと装備されているため、赤ちゃんが衝撃により、飛ばされてしまう危険性があるからです。

後部座席にチャイルドシートは取り付けましょう。

赤ちゃんは体温が高いので、洋服の着せすぎはよくありません。

できるだけ厚着はさけ、車内の温度を調節してあげましょう。

赤ちゃんが寝ているからいって、車内に赤ちゃんを置いての買い物などは厳禁です。

車内の温度は急激に上昇し、赤ちゃんは温度調節が難しいので体調を崩しやすいのです。

短時間でも赤ちゃんをのせたまま、離れないようにしてあげてくださいね。

まとめ


いかがでしたか?

実際、赤ちゃんが誕生しないまでは、わからないことが多いですよね。

私も、チャイルドシートを後ろむきに取り付けることを赤ちゃんができるまでは全く知りませんでした。

ほとんどの人が、赤ちゃんを連れて遠出することは、なかなかないでしょうが帰省などの場合、適度に休憩を取るのがよさそうです。

授乳やおむつ替えなどもありますから、時間に余裕をもって出かけるといいですね。

慣れない最初は、車での移動中にぐずりだし、泣くことも多かったですが、慣れれば、運転中揺られて気持ちがいいのか、ぐっすりねてくれるようにもなりました。

夜、寝ない時なども、わざわざ車に乗せて寝かせたものです。

チャイルドシートを正しく使い、快適な運転をしてくださいね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク