幼稚園のお弁当に冷凍食品を使うのはありかなしか問題を考察!

スポンサードリンク






お子さんが幼稚園に通うようになって、

お弁当を作り始めるママも多いと思います。

お弁当の日の回数は幼稚園によっていろいろですが、

毎日という幼稚園だってあるでしょう。

お仕事をされている方はもちろん、

家事や育児で大変なママ達には

お弁当作りはなかなか大変なことですよね

そんなママたちのために、最近ではスーパーなどに

たくさんのお弁当用冷凍食品があります。

レンジで温めるだけで食べられるものもあれば、

お弁当に入れておけば自然解凍で

食べられるようになるものもありますね。

とっても便利で簡単に美味しいおかずが

用意できるので、大活躍の冷凍食品ですが

幼稚園のお弁当に入れるのはありでしょうか。なしでしょうか

実はお子さんを幼稚園に通わせているママには、大事な問題です。

なんと幼稚園によっては冷凍食品を

禁止しているところもあるのだとか。

確かに食品添加物のことを考えたり、

食育のことを考えると手作りの

お弁当というのはとても良いものです。

けれど忙しいママ達には、毎日手作りなんて大変なことですよね。

正直なところ私は少しくらいなら

冷凍食品を使っても問題ないとは思います。

もちろんできる限り手作りをしてあげたいけれど、

忙しい日はママも少しはお弁当を

簡単に作らせてもらいたいものです。

栄養バランスさえ考えてあれば、少しくらい

冷凍食品に頼ってもいいとは思います。

実際いろんなママたちの意見を見てみると、

冷凍食品に頼るのは悪くないと思っている方が多いようです。

けれど、通っている幼稚園にお弁当に関して

決まりがあるのなら仕方がないですよね。

少し面倒でも手作りするしかありません。

可能であれば栄養バランスにだけ気を付けて、

冷凍食品を使うことはいいと思いますが、

そうやって幼稚園の決まりがあるところもありますので、

まずは通われる幼稚園のルールを確認することが大事ですね。

もし特にルールがなく、ママ自身お弁当に

冷凍食品を使うことに抵抗がないのでしたら、

使うことは「あり」だと思います!

なによりお子さんが喜ぶお弁当にするのが一番です!

手作りでも冷凍食品でも、お子さんが

「美味しい」と食べてくれるのなら問題なんてありません

幼稚園のお弁当におすすめなおかずレシピ!

一般的には「冷凍食品もあり」という

意見が多い幼稚園のお弁当事情ですが、

それでもやっぱり手作りにしてあげたい、

幼稚園が手作りじゃないとだめというルールを作っている、

なんて方は、おかずを手作りすることになると思います。

けれどあまり時間をかけていられない

忙しいママたちには、簡単な時短レシピ

たくさんほしいところですよね。

そこで次はお弁当にぴったりなおかずレシピを、

いくつかご紹介したいと思います。

【うずまきベーコンチーズ】

材料・ハーフベーコン 2枚

・スライスチーズ 1枚

ベーコンは少し焼き目がつくくらい、縮まない程度にフライパンで焼く

チーズは冷蔵庫から出して常温にしておく

スライスチーズを半分に切ってベーコンの上に乗せ、くるくる巻く

ラップで包んで600wで10秒加熱する

ラップの端をキャンディのようにしぼって、冷蔵庫で冷やす

冷めたら半分に切って出来上がり

これできれいなうずまきの模様ができています。

とっても簡単でかわいいおかずですね!

【レンジで1分チーズ&トマト】

材料・ベーコン 2㎝角5枚

・玉ねぎ 小さめに切ったものひとつまみ

・ピーマン 彩りに5枚ほど

・ミニトマト 1/2個

・チーズ 薄切り1/2

・マヨネーズ 大さじ1

・塩コショウ 少々

すべてカップに入るようなサイズに小さく切る

具を全部カップに入れて、上からマヨネーズと塩コショウをかける

具をおおうようにチーズをのせる

チーズが溶けて玉ねぎが柔らかくなるまでレンジで加熱

700wだと1分で出来上がり

これで1カップ分のチーズ&トマトの完成です!

簡単なレシピを二つご紹介しました!

他にもお手軽で簡単、お子さんの喜びそうなレシピはいろいろあるので

探してみるのも楽しいですね!

幼稚園のお弁当は食べやすいのが一番いいよね

簡単に、お子さんの好きなメニューで仕上げたいお弁当。

あと気にするポイントと言えば、食べやすさでしょうか。

年長さんならきっとしっかり自分で

食べられるようになっていると思いますが、

年少さんならまだまだ上手に

食べられないお子さんもいるかと思います。

そんな時気にしてあげたいのが食べやすさ。

調理方法やサイズなど、気にして

食べやすいようにしてあげたいですよね。

そこで今度は食べやすいお弁当にするうえで

気を付けることをご紹介します。

まずぱさぱさとする食材はしっとりとしあげること

魚や鶏肉、イモ類などぱさつく食材は

なかなか飲み込めないお子さんもいます。

ソースやたれ、マヨネーズで和えるなど

しっとりとした仕上がりにしてあげましょう。

次は固いお野菜。

こちらは食感が嫌いだというお子さん向けの対策。

しっかり炊いて柔らかくすると食べやすくなります。

あとは食べやすいサイズにカットしてあげること、

見た目を可愛くして食欲がわくように

することなども気にするといいでしょう。

ほんの少しの工夫で食べやすいお弁当を作ることができます。

まとめ

お弁当はお子さんにとって、楽しみの一つです。

とても手間ではありますが、お子さんが喜ぶような工夫をして

楽しく食事ができるようにしてあげるといいですよね。

大変ですが、ぜひ素敵なお弁当を作ってみてくださいね




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク