皿打という無料タイピングソフトが激むず。攻略のコツを調べてみた

スポンサードリンク






タイピング練習に使えるソフトと言えば、圧倒的に「寿司打」が有名ですが、

この寿司打に勝るとも劣らぬ、ソフトとして、『皿打』を是非ともおススメしたいと思います。

なぜ、おススメするのか。

当然、楽しいから・・・・ではなくて(笑)

『タイピングの実力がつくからです』

しかも、「寿司打」に比べてゲーム性に満ちていて、ドキドキ感は半端ではありません。

可愛いはずの「小人」たちが、ゲームが進むにつれて・・・

だんだん「小悪魔」に見えてきます(汗)

そして、この小悪魔たちを、見事やっつけたときの爽快感と達成感は、なかなかなのですが・・・

1回、わずか「2分」の「皿打」は・・・激むずです!

今回は、その激むずと言われる理由と攻略のコツについても、

具体的に伝えして行きたいと思います。

タイピング上達のステップにして下さいね!

皿打難しい。激むずと言われる理由とは

何かと「寿司打」と比較する様ですが、寿司打は、タイピングするワードが、

回転ずしをバックに同じ場所に出てきますので、目線はそこに定めて、ひたすら打って行くことになります。

でも、「皿打」は、360度、全方向から、小人たちがワード(や短文)を持って、ズンズンと真ん中の料理に向かってやってきます。

しかも、その速さが小人によって違います。

すこし、間抜けな感じのゆっくりした小人は良いのですが、チョコチョコっと素早くやってきて、

料理を持ち去ろうとする小人は、隅に置けません!

寿司打のようにほぼ一定の目線では、対応できず、あちこちに目をやって視野を広くする必要があります。

しかも、寿司打に比べて、出てくるワードのボキャブラリーが多いです。

そのうち、打ち間違いをすると、ドンドン料理が引きずられてゆく・・・

それを阻止しようとして、また打ち間違えて・・・

一か所にとらわれていると、知らぬ間に他のおかずなんかが引っ張られていて・・・

このパターンに陥ると、プチパニックに襲われ・・・そのままゲームオーバー!!

という末路が待っているというわけです。

これが、激むずの理由です。

もし、皿打ちは、難しくない!!と豪語する人がいるとすれば、それは、

「ブラインドタッチを完全マスターしている」

「ゲームのスリル感にも慣れていて、ドキドキしない」

故に「冷静で、視野が広い」

この三拍子がそろっている人と言えます。

こんな人は、ごく限られていて、今頃きっと「皿打」ではなく、他のゲームをしていることでしょう(笑)

タイピングは、ラジオ体操のように、日に日にみるみる上達するのものではなく、コツコツ時間をかけてスキルアップしてゆくものです。

それを、短時間で(例えば3日!)、しかも「簡単レベル」ではなく「激ムズレベル」を攻略しようなんてだいそれた気を起こすところに、「激むずだなぁ~」と思わなければいけない傾向が生まれるのではないかと考えます。

3か月毎日トライしてゆくと、きっとその頃には、あれ??なんであんなに苦労してたのだろう・・・

という感覚になっているはずです。

皿打の攻略のコツとは。チートや裏ワザってあるの?

かといって、3か月は、いくらなんでも長すぎる!!という方がほとんどでしょう。

そんな人のために、ここに皿打攻略法を伝授したいと思います。

先ほど書きましたように、一足飛びに上手くなって、激ムズレベルクリアーなんて絶対に無理です!

まず、「簡単レベル」のクリアーを目指します。

この「簡単」とつぎの「ふつうの難易度」までなら、

出てくる小人の持っているワードを順番に打ち込んでゆくやり方でクリアーできます

ところが、「ちょっと難しい」レベルだと、出される言葉も難しくなりますし、出てくる小人の数やその襲撃の仕方も、どんどん巧妙になってきますので、一筋縄ではいかなくなります。

それなりの対策が必要と言うことです。

まず、飛び出してきた小人を順番に全て打ちのめそうとしないことです。

それより、よく全体を見渡して、とにかく料理に手を付けそうなものから、やっつけて下さい

それは、必ずしも画面に出てくる順番ではなく、急に速いスピードで持って行こうとして出てくる小人に注意を払います。

当然余裕のあるうちは、画面に出て来た時点で、出来るだけ早くやっつけておく方が後が楽です。

そして皿打は、ゲーム性に富んでいますから、負けん気を出し過ぎて、必死になると、かえって嫌気がさします

あくまで、真の目的はタイピングが上手くなること。

カーっと頭に血がのぼってきたら、あえて「皿打から離れましょう!」

そして、ほかのタイピングソフト

(おススメ→ https://manabi.benesse.ne.jp/gakushu/typing/homeposition.html

で、冷静に自分のタイピング技術、(「スピード」と「正確さ」)に少しでも磨きをかけて、ヒートアップした頭がクールダウンした状態でまたトライしましょう。

皿打は、1回「2分」ですから、一日に、何十分も入れ込むより、多くても10回まで(20分)と決めて、

毎日やることです。

そして、必ずしも、2分間最後までやりきる必要はありません

自分の今のレベルより少し難易度の高い画面で、もうだめ・・・という局面が来たら「スペースキー」を押して、クリアーしてまた始めたらいいのです。

最初は30秒・・だんだん45秒・・・1分・・・1分30秒・・・というように

ステップアップします。

クリアーできずにイライラしそうになったら、先ほど書きましたように、一度皿打から離れるか、

難易度を下げて、あえて、達成感を味わうというのも良いと思いますよ。

そうやって、「イライラさせる」ゲーム性の毒牙にはまらないように、「賢く、クールに」

続けてみて下さい。

そして、正しい指の位置(ポジショニング)を心掛け、ブラインドタッチに近づいて行ければ

自ずとクリアーできるレベルはアップします。

逆説的に聞こえるかもしれませんが、あくまで、クリアーが目的ではなくタイピング技術の向上が目的であるということを軸において、「スピード」と「正確さ」を身につけながら、その成果を皿打で確認する、というスタイルを維持して下さいね。

ゲーム性の毒牙に負けて、こんなのやってられない!!とキレて、飽きてしまっては愚かなこと。

とても勿体ないですからね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク