赤ら顔で悩んでいるなら漢方がオススメ!

スポンサードリンク






「緊張するとすぐ顔が赤くなる」

「肌荒れのせいで顔が赤い」

「お酒を飲むとすぐ真っ赤になる」

といった理由から、他人とコミュニケーションをとる上で

悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

また、病院に行っても解消できていない上、

いろいろとスキンケアなどの努力をしても、

なかなか改善しなかった、という方も

多いのではないかと思います。

いまだ赤ら顔を解決できていない方に今回おススメ、

試していただきたいものがあります。それは『漢方薬』です。

漢方薬の効果を見ていく前に、まず赤ら顔の

原因を見ていきましょう。

赤ら顔の原因には、

1.偏った食生活や生活習慣の乱れ

2.ストレス

があります。

これらを漢方薬で解消していくわけです。

赤ら顔で悩んでいるなら漢方がオススメ!

赤ら顔に漢方薬をおススメする理由ですが、

漢方薬は通常のお薬と違い、人間の身体の

乱れたバランスを整えて病を快方に向けていきます。

そのため、先に述べた生活習慣の乱れなど

身体の内面にある原因に対し、非常に有効であると

考えられるからです。

それだけではなく、漢方薬は生葉と呼ばれる天然の成分が

用いられているので、身体に優しく副作用が起こりにくい

特徴もあります。

また、複数の生葉から生成されていることで、

他の効果も得られる優れものなのです。

ちなみに赤ら顔は、漢方薬の世界では『熱』

『ストレス』によって引き起こされると考えられています。

処方される漢方の例を挙げると、

→引用:お薬100当番

加味逍遥散

【働き】

血液循環をよくして体をあたためる一方、

のぼせなど上半身の熱をさまします。

また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。

どちらかというと女性向けで、体が虚弱で疲れやすく、

イライラや不安感をともなうときに向きます。

補中益気湯

【働き】

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)という方剤です。

胃腸の働きをよくして体力を回復させ、

元気をとりもどすのを助けます。体の疲れ、食欲不振、胃弱、

夏やせ、こじれて長びくカゼ、痔、あるいは病中・病後、

手術後などで体力が弱っているときに用います。

引用:お薬100当番←

漢方薬はその人の体質に合わせて調合し処方されます。

これまでに病院へいっても赤ら顔が改善されなかった場合は、

体質改善にシフトして、漢方薬に頼ってみるのも

良いかもしれませんね。

赤ら顔の対策には漢方、特にツムラがオススメな理由

ここまで、なぜ漢方薬がおススメなのかは

理解いただけたかと思います。それに加えて、

漢方薬の中でも特に私は『ツムラ』をおススメします。

ツムラは日本において漢方を取り扱う歴史ある企業です。

市販薬でも目にすることが多いメーカー。

そのため、よくわからない企業の漢方よりも

安心感が違いますよね。

「病は気から」とも言いますので、安心感は非常に重要です。

まとめ

漢方はもちろん、赤ら顔の原因である食生活の

乱れといった体の内側からの生活習慣の見直しも

同時並行に行っていきましょう。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク