渋谷駅で突然の雨になったら傘をシェア!「アイカサ」とはどんなサービス?

スポンサードリンク







アイカサ」と聞いて皆さんは何を想像しました??
私はぶっちゃけ、相合傘を想像しました・・・(笑)

青春時代、学校玄関で突然の雨・・・、「あ、傘忘れた(+_+)」
すると、ずっと好きだった人が現れて「一緒入っていく?(キラーン)」
ということを想像した方もいるかもしれません!(笑)

実はそんな青春時代を謳歌しなおすサービスではございません!もちろん!
では、実際にアイカサとはどんなサービスなんでしょうか?

渋谷駅で突然の雨!そんなときは「アイカサ」で傘をシェア


皆さんは雨が降ったときにどうされていますか?

常にカバンの中には折り畳み傘が入っているので問題ない、というしっかりした方もいらっしゃると思います。
通勤・通学でしたら、カバンも大きいし折り畳み傘くらいならそこまで荷物にはならないでしょう。

しかし天気がいい日にお出かけ、渋谷駅でたくさんショッピングもしたというときに突然雨がふってしまった!
タクシーで帰るのはもったいない・・・、だからと言って戦利品を濡らすわけにはいかない(+_+)

そんなとき今まででしたら、コンビニなどで500円ほどのビニール傘を購入していたでしょう。
運がよければ100均一で購入したりしていたと思います。
コンビニも100均一の傘もなんてことないビニール傘。
雨のたびに購入していては家にいらない傘がたまっていく一方です。なおかつお金の無駄でもあります。

そんな無駄をなくすために始められたサービスがアイカサです!

突然の雨が降っても、いちいちビニール傘を買ったり、常に折り畳み傘を持っていたりしなくても、好きな時に借りて、どこでも返すことができる、傘のシェアリングサービスなんです!

「アイカサ」とはどんなサービス?

では、その傘のシェアリングサービス「アイカサ」とは、どんなサービスなんでしょうか。

「アイカサ」の3つの特徴として以下があります。

傘を買うよりも安い!

1日たったの70円で傘を借りることができます

LINEで傘が借りられる!

アプリのダウンロードをする必要はありません。

ほとんどの方が利用していると思われるLINEのミニアプリからQRコードを読み込むだけで借りることができるのです。

手ぶらで外出できる!

突然雨が降ってもどこでも借りることができるため、傘を持たなくても安心です!
降水確率が微妙、傘が必要かな?なんて悩む必要もありません。

アイカサの利用方法について

次に具体的な使用方法について説明します。
LINEで友だち登録はしておいてくださいね!

STEP1:傘シェアスポットの場所と本数をチェックします。

STEP2:傘を借りる際に、傘のQRコードを読み取り、利用スタートできます。

STEP3:お好きなだけご利用ください(^▽^)/

STEP4:返すときはお近くの返却ボックスで返却用QRコードを読み込み、傘をたたんで返却完了となります!

とっても簡単です(^^♪

アイカサの利用料金は?

利用料金は1日(24時間)で70円、ビニール傘を買うよりも断然安いです!

2日目、3日目・・・と徐々に値段は上がっていきますが、6日以降から月末までは420円と使い放題です!

出典:アイカサ公式サイトより(https://i-kasa.com/)

すぐに返せない!という場合でもコンビニでビニール傘を買うよりも安いんです( *´艸`)

雨が降って、「アイカサ」を利用、2時間後雨がやんで返した、でもその2時間後にまた雨が降って借りた!となった場合、普通ですと70円×2回で140円かかると思われるでしょう。

しかし、ここが「アイカサ」のいいとこ!

1日24時間何回借りても70円なんです!
本当にお財布に優しすぎる・・・。

なおかつ、一カ月間、何回借りても420円!
本当にお得です(^^♪

そして、このサービスの売り上げの1%は環境のために寄付されるという傘を借りただけで社会貢献ができます!

いかがでしたか?傘シェアリングサービス「アイカサ」、興味を持たれた方はぜひご利用してみてください(^▽^)/




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク