鬱陶しい迷惑メール、撃退方法教えます!

スポンサードリンク






迷惑メール、別名スパムとも言われるしつこいメール、

本当に鬱陶しいですね。

スパムはもともとアメリカの缶詰の名前でした。

あまりにもしつこくテレビのコマーシャルで

スパムの缶詰を宣伝するので、

しつこいものの代名詞のようになってしまいました。

今ではスパムと言えば迷惑メールを指すようになっています。

迷惑メールは削除しても、

次から次へと送信元のアドレスを変えて送られてくるのが特長です。

迷惑メールとして報告しても、一向に収まる気配がありません。

迷惑メールを削除している時間ももったいないですし、

大切なメールが迷惑メールに埋もれてしまっても困ります。

なんとしてでも迷惑メールを撃退したいものです。

迷惑メール撃退法、iPhoneの拒否設定

iPhoneのメールアプリには、

迷惑メール振り分け機能がありません。

したがって迷惑メールは、各自が加入している

キャリアのサーバーでシャットアウトする設定が必要です。

DoCoMo、AU、SoftBank大手3キャリアとも、

ブラウザからお客様サポートにログインして、

メールの設定画面から迷惑メール設定画面へと進みます。

迷惑メールの拒否の方法は

基本的にドメイン指定、リンクメール拒否、htmlメール拒否、

PCメール拒否など複数のオプションがありますが、

これらをセットにしたおすすめの拒否設定が用意されていますので

最初はそちらを利用してみましょう。

それで様子をみて迷惑メールが減らないようなら、

アドレス帳受信を設定するとよいでしょう。

ただし、ここで気をつけるのは、

自分のアドレス帳に登録されていないアドレスからは

一切メールが届かなくなってしまうことです。

必要に応じて

アドレス帳受信の設定をオフにすることで対応しましょう。

迷惑メール撃退アプリはこれがお勧め!

迷惑メール撃退アプリがあればインストールしたい、

と思って検索しても決定的なアプリは残念ながらありません。

各キャリアが提供している

迷惑メール対策を利用するのが最も確実です。

迷惑メールが届いてしまったら、決して開いてはいけません。

開かずに迷惑メールとしてキャリアに報告しましょう。

メールボックスの下にあるフラグをタップすると、

迷惑メールに移動というメニューが出てきます。

ここに移動することで、

迷惑メールとしてサーバーに報告することができるので、

迷惑メールの検知率も向上します。

またiPhoneの設定画面からメールに移動すると、

サーバー上の画像を読み込むというオプションがありますが、

こちらはオフにしておきましょう。

画像を読み込んでしまうと、メールを開いた、

つまり迷惑メールの送り手に送り先アドレスが使用されていることを

伝えることになってしまうからです。

まとめ

迷惑メールを受信してしまうと、

本当にストレスがたまるものです。

迷惑メールを100パーセント撃退する方法は

今のところありませんが、減らすことは可能です。

キャリアのメール設定画面を

どうやって開いたらよいのかわからない場合もあります。

その場合は、サポートセンターに電話をするか、

ショップに出向いて尋ねましょう。

それからメールアドレスは、

初期設定時に記号、数字、英文字を混ぜて複雑なものにしておくことも

迷惑メール防止には大切です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク