低温調理器ってどうよ?どんなメリットがあるのかマジで調べてみた

スポンサードリンク






家でお肉を焼いてもパサパサしたり、

焼きすぎてお肉が固くなることありませんか?

いいお肉を焼いても

がっかりすることがありますよね。

安いお肉でも柔らかく、レストランで

食べるような美味しいお肉を家でも

食べてみたくありませんか?

実は調理法で、家庭でもお肉を

柔らかくすることが可能らしいのです。

低温調理という調理方法をご存知ですか?

低温調理とは、お肉などを加熱するときに

温度を低温に保ったまま、時間をかけて

加熱していく調理方法です。

たんぱく質が凝固する温度が約55度から

68度のため、その温度より低い温度で

肉や魚などのたんぱく質を多く含む食材を

長時間かけて加熱することで、水分が

逃げにくく、やわらかく仕上がるのです。

水分が逃げにくいということは、

肉のパサパサ感や固くなってしまうのを

防ぐことができるのです。

特に鶏むね肉の調理を

難しく感じたことはありませんか?

熱を通しすぎてパサパサして、

美味しくなくなったりすることなんて

しょっちゅうです。

もともと鶏むね肉は、水分が逃げやすく

なっているので、調理が難しいのです。

そんな鶏むね肉も低温調理

美味しくいただくことができます。

でも、温度を一定にして長時間

加熱する方法ってどうすればいいのか

わからないですよね。

実は低温調理簡単にできる

調理器具があるので、ご紹介します。

低温調理器の家庭用ってどんな種類があるか

 

低温調理に興味を持ったけれど、

どうやっていいのかわからないですよね。

家庭用の低温調理器具が、今話題になっています。

それが“ANOVA”という低温調理器具です。

材料をジップロックに入れてできるだけ

真空状態にし、低温のお湯に

つけておくだけでいいのです。

ANOVAの使い方は、お鍋にANOVAを固定し、

コンセントに差し込みます。

お鍋に水を入れてホイールで温度を設定します。

タイマーを設定してスタートボタンを押せばいいのです。

ANOVAを使うと、温度設定やタイマー設定が

できるので、そのまま放っておいても大丈夫なため、

とても楽ちんですね。

この調理方法で、お店で味わえる柔らかいお肉が

家でも食べることができるのですね。

ローストビーフもこのANOVAを使って簡単にできます。

牛肉塊肉を塩コショウ、ニンニク、ワインの

下味をつけてジップロックなどで密封します。

鍋にANOVAと水をセットし、55度で

2時間タイマーセットします。

2時間たった後、袋から塊肉を取り出して

フライパンで焼き目をつけてスライスすれば、

ローストビーフの完成です。

家でも、レストランで食べるような

ローストビーフが味わえたら嬉しいですよね。

パサパサしていた鶏むね肉も簡単に

しっとり柔らかく仕上がります。

ジップロックに鶏むね肉とレモン汁、

塩をいれ、お鍋にANOVAと水をセット、

65.6度で2時間セットするだけで、

しっとりとした鶏むね肉が出来上がります。

家庭用の低温調理器、ANOVAを魅力的に

思った方もいるのではないでしょうか。

お値段ですが、ネットで調べてみても

2万円から2万5千円の間でした。

低温調理器って自作できる?なるべくお金はかけたくないんです

 

家で美味しいお肉を食べたいけれど、

そんなに使う頻度があるのか疑問だし、

値段も高いしと思いますよね。

家庭で自作できるものなのか調べてみました。

サーモスタットや、水流ポンプ、

水中ヒーターを使ってできなくもなさそう

なのですが、メカに弱いのでほかに方法が

ないか調べたところ、ありました!!

なんと炊飯器で出来そうなのです。

ANOVAでする調理法と同じで、

ジップロックなどに材料を入れて、

お湯を張った炊飯器で保温調理すれば

いいそうです。

炊飯器の保温機能は75度程度に

保たれるそうなので、この温度を参考に

加熱時間などを検討した方がよさそうです。

ただ、炊飯器でする低温調理の

デメリットですが、小さいので

少量しかできないのと、

ご飯が炊けないという点でしょうか。

ANOVAを買うのになかなか手が出ない

という人でも、一度炊飯器で試してみて

美味しいお肉を味わってみてもよさそうですね。

あと、低温調理の気を付ける点は、

衛生面や食中毒に気を付けなければ

いけないということです。

肉の中心温度が40~55度の間は、

食中毒を引き起こす菌が活発に活動する

温度なので、長時間にわたって

この温度にならないように、75℃以上の

温度で加熱するのがよさそうです。

まとめ

いかがでしたか?

家でも味わえる柔らかいお肉を

食べてみたくなったのではないでしょうか?

ちょっと余裕があるなら、ANOVAの購入も

検討してみてもいいのでは?と思います。

たまには家で贅沢にローストビーフを

味わいたいものです。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク