赤ちゃんの寝かしつけ決定版!2ヶ月の男の子編

スポンサードリンク






2か月の赤ちゃんだと、まだまだ昼と夜の区別がつきにくく、

なかなか寝付けない赤ちゃんもいます。

寝かしつけに困っているお母さんもたくさんいるでしょう。

早くねてほしいからと、焦りは禁物です。

イライラすると、その精神状態が赤ちゃんに伝わり、

結局寝てくれない何てこともありますからね。

お母さんがイライラせずに、心に余裕を持って寝かしつけができるように、

あかちゃんと一緒に休息することが大切です。

これだ!赤ちゃんの寝かしつけの恐るべき方法とは

夜は、お母さんもぐったりと疲れている時間帯、

できるだけ早く赤ちゃんの寝かしつけに成功したいものです。

いろいろな方法がありますので、

自分の合った赤ちゃんの寝かしつけの方法を見つけてみてください。

① 赤ちゃんの横で添い寝をする

お母さんが隣で、背中をトントンしてくれたりするとぬくもりを感じ、

安心感がでて眠りにつくことができます。

② 抱っこしてゆらゆらしてみる

抱っこをしてゆっくり歩いてみたり、ゆらゆらと動かしてみると、

泣いていた赤ちゃんも自然と泣き止むことがあります。

赤ちゃんもゆらゆらとされて、リラックスができ、眠りにつくのでしょう。

③ お気に入りグッズを見つける

タオル、毛布、おしゃぶり、ガーゼと

なんでもいいので触ってみて気持ちのいいものであったり、

身に着けると落ち着くものを見つけると、寝るときのアイテムとして、

機嫌よく寝てくれます。

④ 寝る1時間前ぐらいの入浴

ぬるめのお湯につかって、体がポカポカした状態で寝かしつけに入ると、

すんなり寝てくれることがあります。

入ってすぐ寝るよりも、寝る少し前に入るといいでしょう。

赤ちゃんの寝かしつけは、本当に大変なものです。

全然寝ない時は、車で30分ぐらいドライブをして

寝かしつけしたこともあります。

焦って寝かしつけをせずに、いろいろな方法を試してみて、

赤ちゃんに合う方法を見つけるのがいいですね。

赤ちゃんの寝かしつけに超おすすめな音楽はこれ

赤ちゃんの寝かしつけに有効なのが、音楽をかけることです。

音楽ですんなり寝てくれることがありますのでお勧めの物をご紹介します。

① 胎内音

お腹の中で育ったので、やはり胎内音を聞くと安心感を得て、落ち着くそうです。

なかなか寝付けない赤ちゃんにはぜひつかってみてください。

② オルゴール音

オルゴール音って美しい音色で、心安らぎますよね。

大人でもリラックスできる音色なので、

添い寝と共にオルゴール音を聞きながら眠りにつくといい夢が見られそうです。

③ 子守歌

お母さんが歌ってあげる子守歌も素敵ですが、

CDでも子守歌がありますので、ぜひ使ってみてはいかがですか?

リラックス効果もあるので、安心して眠りにつくことができます。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの寝かしつけも毎日となると、大変ですが、

音楽や簡単に寝ることができる寝かしつけ方法を使って、

お母さんが楽になれるといいですね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク