男の子を授かりたい!産み分けゼリーって本当に効果あるの?

スポンサードリンク






男の子が欲しい、女の子が欲しいという願い。

それが叶うかどうか。

神のみぞ知るといったところです。

しかし2人目、3人目となると次は絶対

男の子が欲しい、あるいは女の子が欲しいとなりますよね。

そんな方におすすめなのが

産み分けゼリーです。

ゼリーといえばデザートのゼリーを思い浮かべますが

全然違います。

産み分けゼリーとは性交渉時に使用して、

女の子と男の子を産み分けやすくするための潤滑ゼリーのことです。

希望する性別で子を授かることを高めることが

できるといわれています。

最近では、産み分け外来などのクリニックもありますが、

費用は高額なようです。

産み分けゼリーなら経済的負担は少なく、

簡単に利用できますのでおすすめです。

産み分けゼリーが的中する確率は?

男の子が産まれる確率、女の子が産まれる確率、

本来ならどちらも50%の確率です。

実践している方は

だいたい70%以上の確率でうまくいっているといわれていますが、

正確な統計データはありません。

一部のクリニックやメーカー等は統計データをとっているところもあるようです。

産み分けゼリーを活用しても、必ず希望の性別で産み分けができるとは限りません。

少し低めに見積もって、50%より確率は高くなるくらい

そう考えるのが良いかもしれません。

産み分けゼリーで男の子を産むには?

赤ちゃんの性別は、男性の精子の染色体によって決まるといわれています。

また、精子と膣内のpHの関係が影響しています。

精子の染色体はY染色体(男の子)と

X染色体(女の子)の2種類の染色体があります。

Y染色体が卵子と受精すると男の子、Xの場合は女の子が産まれます。

Y染色体はアルカリ性に強く、酸に弱い。

X染色体は酸性に強く、アルカリ性に弱い。

という特徴を持っています。

産み分けゼリーは、性交時における膣内の環境を調整することで、

希望する性別の精子を生き残りやすくします。

産み分けゼリーは

性別で使用するゼリーが異なります。

男の子を希望するときはグリーンゼリー、

女の子を希望するときはピンクゼリーを使用します。

つまり、男の子が欲しい場合はグリーンゼリーを使用して、

膣内をアルカリ性に保つ必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

産み分けゼリー以外にも、内服薬を飲む等方法は

あります。しかし毎日飲み続けなくてはいけないなど

費用も手間もかかります。

産み分けゼリーならどうですか?

お手軽、簡単ですね。

現在の医学では、100%の産み分けはできません。

たとえ、希望が叶わなくてもかけがえのない大切な命。

愛するわが子に変わりありません。

そのことをふまえ、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク